HOME教育カリキュラム

カリキュラム

国際政策学部のカリキュラムについて説明します。

カリキュラムの編成方針

グローバルに開かれた活力あるコミュニティづくりに中心的な役割を果たすとともに、国際社会の中でも活躍できる、地域に根ざした「行動する国際人」を育成するためのカリキュラムを編成する。

編成に際しては、ひとりひとりの学生が主体的に学習研究を進め、進路選択を行うプロセスを支援できるように編成するとともに、地域社会への理解を深め、国際的な視野形成と交流を通じて、自発的に学習テーマが発見できることを重視する。

1 基礎科目としてグローバル化する現代を理解するための科目で構成し、歴史・国際関係・日本経済・日本社会・情報と社会調査・経済学の基礎などを学習できるようにする。また,大学初年度に主体的に学習するための方法や学習プランに関する見通しと理解を深めるための科目も配置する。
(「導入科目」「学部教養科目」「学科基礎科目」)
2 基礎科目で修得した知識・技術をもとに、専門性を深め、また展開・応用ができるようにする科目を配置する。
(「展開科目」「基幹科目」)
3 総合的な学習、並びに学生自らの問題意識に応じた学習を、学習進度に応じて深め、活用する力を身につけるための演習科目を配置する。また、国際理解を深めるため実際に海外に赴き、調査研究等を行うことにより、実践的・総合的な演習活動を行うための科目も配置する。さらに、4年間の学習成果を主体的に統合するため卒業研究としての演習科目も配置する。
(「実践演習科目」「演習科目」)
4 外国語科目として英語と中国語が、段階的・系統的に学習できる科目を配置する。 英語科目については、英語コミュニケーション能力を確実なものにするために必要な科目を必修科目として設定するとともに、活用能力をさらに向上させるため の科目など、学生のさまざまな英語力や英語習得の目的に対応する科目を、選択科目として配置する。 中国語科目については、日中関係や、中国を中心としたアジア地域について理解を深める上で必要な、中国語の運用能力を身につけるための科目を配置する。
(「外国語科目」)
5 学習の幅を広げるために,実践的,専門的な科目を配置する。また、他大学で取得した科目など学生の主体的な学習活動を単位化し、その学習活動をより推進するための科目を配置する。
(「関連科目」「自由科目」)

 

学科カリキュラム

 

山梨県立大学公式WEBサイト
Pagetop