副専攻課程

副専攻課程とはコースの課程とは別に、一定の授業科目を受講すると取得することができる教育プログラムです。副専攻課程はすべてのコースの学生が履修することができます。

山梨県地域限定特例通訳案内士

山梨県地域特例通訳案内士は山梨県が認定する資格で、山梨県を訪れる外国人を対象にビジネスとして通訳案内を行うことができるものです。この資格を取得するためには、山梨県が行う研修に参加し、認定試験に合格する必要があります。本課程の履修修了者は、研修が免除され、受験資格を得ることができます。指定する科目のうち、20単位以上の履修により課程を修了することができます。

日本語教員養成課程(副専攻相当)

日本語を母語としない人に、日本語を教える教員を育成するためのプログラムです。指定された科目のうち、26単位以上を履修すると、「日本語教員養成課程修了証(副専攻相当)」が発行されます。なお、国際コミュニケーション学科の学生は日本語教員養成課程(主専攻相当)を履修することもできます。

 

approach_06

 COC+教育プログラム

地( 知) の拠点⼤学による地方創生推進事業(COC+)教育プログラム。⼭梨県内⼤学と地域機関が協働し、実践的な地域志向⼈材を育成することで、学卒者が地元に定着することを目指します。
4つの専門コース科目(ツーリズム・ものづくり・子育て支援・CCRC) と地域教養科目で構成され、所定の単位を修得すると修了証が授与されます。

 

山梨県立大学公式WEBサイト
Pagetop