申研究室

申 龍徹(シン ヨンチョル) 准教授

専門分野

政治学・行政学・公共政策

【ゼミの概要】

ゼミでは、地域社会の公共政策を解決する政治行政の役割について各分野の先進事例を取り上げ比較分析し、政策形成能力に変えて行きます。「百聞は一見にしかず」と言いますが、変化する社会をできる限り、自分の目と足で確かめ、公共政策形成に必要な「行動する知識」の習得を目指します。

 【ゼミの形式】

ゼミ活動は、①個人テーマ研究(前期)、②グループワーク(後期)により構成し、希望と合意に基づき、③合宿やフィールドワーク(国内、海外)を行います。また、④11月には、5大学(早大、法政大、四日市大、宇都宮大、中央学院大)による2泊3日のジョイントゼミに参加し、各大学のグループワークの成果を発表し、交流します。ゼミでは、参加者全員による企画・調整・実行・評価を原則とし、実社会で通用する高いコミュニケーション能力の向上を目指します。

これまでの主な活動(2008~現在、前任校での実績)

  • 沖縄の観光政策視察、北海道夕張市の視察、長野県上田市・白馬村の視察、茨城県大洗のまちづくり視察、千葉県館山のまちづくり視察、山梨県河口湖周辺のまちづくり視察、京都及び神戸の視察、鹿児島市など。
  • 韓国周遊視察(ソウル→大田→釜山、済州道など)、中国周遊視察(北京→太源→上海、大連・吉林など)、台湾視察(台北など)など。

【卒業研究のテーマ】(2008~現在、前任校での実績)

  • 戸籍制度の形成と一人戸籍問題について
  • 地域交通政策:武蔵野市のコミュニティーバスの現状と課題
  • LRTと観光のまちづくり:富山市の示唆
  • 観光政策における「自立」の意味について
  • 条件不利地域における公共人材の確保について
  • 多文化共生に向けた公共サービスの多言語化について
  • 東アジアにおける地域人材の確保と育成について
  • 少子化対策の国際比較(日本・フランス・豪州)  など。

【本学科を考える受験生へ】

自ら求めて苦労しながら得た知識は長く続きますが、苦労せずに得た知識は長持ちしません。せっかくの大学生活なので、与えられるものではない、本当にしたいことを求めて探すというちょっと贅沢な苦労を通じて、生涯使える「考える力」を育てますので、ぜひチャレンジしてください。

shin_01shin_02shin_03shin_04

山梨県立大学公式WEBサイト
Pagetop